2010年04月02日

【米:第7日目の3 2009/0930】キャピトル・リミテッド篇4:通勤鉄道MARCについて/なかなか魅力的なHARPERS FERRYの町とか駅舎とかトンネルとか。

 アメリカの鉄道は殆どが「石勝線(※)」である、という言い方は乱暴でしょうか?
 「普通列車」がほぼ存在せず、急行・特急に相当する中距離・長距離・超長距離列車のみが存在し、異様に長い駅間を結んで行く、と。
 で、その立派な列車は各駅に停車、急行料金・特急料金の概念もほぼ消滅していると。

※:1980年の開通当初から全列車が優等列車。区間利用で特急料金免除の特例ありの特殊線区。但し、1〜2時間ごとに特急の走る石勝線を、1日1本当たり前のアムトラックに例えるのは無茶かもしれませんが。

 例外は都市近郊(と北東回廊)。LAのメトロリンク、SFのカルトレイン、シカゴのメトラなどの通勤列車は「普通列車・普通電車」に該当しますから。問題はそのサービスエリアがどれほど遠くまで達しているかということでしょう。
 ワシントンDCにもマーク(MARC)という通勤鉄道があり、
http://mta.maryland.gov/services/marc/
「キャピトル・リミテッド」の走るCSX線(旧B&O)線にも通勤列車の運転があります。ワシントンDCからMARTINSBURGまでの約120km(東海道線なら東京〜三島)を2時間かけて! ちなみに「キャピトル・リミテッド」でもこの区間には1時間40分も掛かっています。

 問題は本数とダイヤ。

 時刻表を見ますと、MARTINSBURG発は朝5:25と6:30。ワシントンDC発MARTINSBURG行は夕16:55・17:40・19:15の僅か2.5往復!(本数が上下あわないのは回送か、併結か?) 早朝に郊外を出て、夕方に戻ってくる便のみ。
 そして、土日は運休です。

 まぁアメリカで2時間かけて郊外から鉄道通勤というのは相当に特殊なケースなんだろうなぁと推測は付きますし、そのために列車走らせているだけでも「奉仕」という意味でのサービスなんだろうなぁとも。ただ、物珍しさで乗る分にはちょっとばかり敷居が高いです(笑)。
 ちなみに運賃は片道10ドル丁度。JR(本州の幹線)で2200円の距離ですから激安ではありますが。
 

 そんなわけで、一応は「通勤圏」のMARTINSBURGに近づきました。

 1866年築という、歴史ある円形機関庫。扇形では無く円形、真ん中にターンテーブルがあった? 機関車はいわゆる4-4-0じゃないと格納不可でしょうね。

 駅舎は撮り逃してしまいました。
 

 MARTINSBURG〜HARPERS FERRY間の眺め。ポトマック川沿い。
 まぁ中央本線なら大月よりもずっと先に相当するところですからね。


 次のHARPERS FERRYまでは僅か25分。駅前の要素、この辺りは大変に趣ある集落。観光客も多そうでした。駐車場は広々。通勤客のライド&パークと週末の観光客用を兼ねているのでしょう。


 古い荷物車が再利用されています。集落へは階段が近道?


 駅舎は木造で、1894年築! 塔屋は2006年に復元されたもの。
 綺麗な駅なのですが無人駅。そして列車はアムトラックも含めて3.5往復のみ。週末にワシントンDCからの観光に便利なダイヤも組めば利用も望めそうなものですが……。
(キャピトル・リミテッドのダイヤもワシントンDC16:05発でここには17:16着。ワシントンDCへの帰りは11:30発……。鉄道での日帰りは一寸無理。ただ、HARPERS FERRYには幾つか宿泊施設もあるようなので「泊まりがけ」なら悪くないのかも)

 調べてみるとここは南北戦争の激戦地で有名な場所でもあるんですね。
 今は穏やかな町ですが……。


 駅舎に面していない「2番線」側の待合室。かなり傾いでますが……大丈夫?


 最後尾より駅舎の全景を収めることが出来ました。


 すぐにポトマック川を渡る


 左手には合流してくる別の線が!


 合流! 左手の路線はレールの光り方からして「支線」「専用線」の類、ましてや「廃線」「旧線」でないのは自明。地図で追ってみると……ずっと先でどこかの本線系に繋がっているようです。


 トンネル内で合流。おかげで不思議な形状のトンネルポータルになっています。

http://en.wikipedia.org/wiki/File:Columbian_(B%26O)_train.jpg
 お勧め、1949年にこの地点で撮影されたB&Oの列車「コロンビアン」の写真。トンネルポータルは外から見る分には普通の形状ですね。

 
 このトンネル内で合流(分岐)します。渡り線はないのでこの辺は複線ではなく双単線として機能しているはず……。

 最後にもう一枚お勧め。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Harper%27s_Ferry_seen_from_Maryland_side_of_Potomac_River.jpg
 HARPERS FERRYの俯瞰写真。鉄道の分岐が良くわかります。駅前の「荷物車」も線路が繋がっていたのかと推測出来る地形です。
【関連する記事】
posted by 西方快車 at 19:12| Comment(1) | 2009 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
西方快車様。

 ご無沙汰しています。そろそろ東海岸ですね。鉄道事情も国境を越えたようにガラッと変わるのでしょうか。それからインターアーバンもこれからですね。

 鉄道系のブログ・鉄道旅行系のブログと言っても、自慢の写真を並べて自分の思いをだらだら綴っているのがほとんどですが、西方快車様程、鉄道ファンが一番見たいところをきっちり押さえた写真を多数掲載し、これほど貴重な資料満載で、もし同じ方面を旅行する時にも参考になるブログはなかなかありません。ここでストップしてしまうのはとても惜しいと思います。

 詳細な解説も書かれているので、その労力は大変なものと思われますが、是非、また気が向きましたら1月に1回でも更新して頂けたら嬉しいです。

 まぁ私も同じような状態で、人の事言えないのですが・・・・
Posted by ウランゴー at 2010年06月18日 18:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。